【企業理念】創業60年余の実績で、お客様のニーズに高い次元でお応えします

約60年にわたる当社の長い歴史のなかで、進藤建設は、建築に関する膨大なノウハウと実績を積み重ねてきました。時代ごとに変わる「本当の豊かさ」「本当の快適さ」を探求し続け、周辺環境から社会背景まで視野に入れた、理想の空間を求め続けています。
経験というなによりの財産のなかで醸成された技術力と、最新ノウハウの貪欲な吸収力。両面の充実から、お客様のニーズに確実にお応えしていきます。

お客様のニーズに、専門家として+αのご提案を加え、
より良い形でお応えします
会社としてある前に、一個人としてお客様のニーズに誠意で応える。これが創業以来一貫して、進藤建設が尊重してきた姿勢です。ご希望に対して、期待以上の成果でお応えしたい──。
それができたときが、当社としても最大の達成感を満喫できるときです。実績や発展は、その積み重ねによる結果であることを、これからも変わらない基本として大切にしていきます。
暮らしを豊かに広げる空間をお届けできたとき、
その建築は、作品として結実します
価値ある住まいとは、質が高いこと、美しいこと、暮らしにフィットしていること…。その基準は様々あると思いますが、住まう方の想像を超えて暮らしを豊かに広げる空間をご提供できたとき、私たちは空間創造企業として、それを“作品”として誇りたいと思います。一つひとつの結果が、建築の専門家である私たちの存在意義を問うステップと考え、誠意を込めてすべてのプロジェクトに取り組んでいきます。
プロジェクトに関わるすべての人間に、
スタッフとしての責任感を求めます
設計図通り、工程通りに作業を進めるのみで足りるのなら、職人としての専門性は意味の軽いものかも知れません。けれども書面や図面から設計の真意をくみ取り、それをスタッフの一員としてプライドを持ちながら、現場で構築できるノウハウはたいへん貴重です。だから私たちは、現場監督や施工に携わる職人の質にまでこだわり、厳選します。空間の高い完成度をお約束するために、誠意を、プロジェクト全体に一貫させています。

ページTOPへ